場所を選ばないテレワーク時代の働き方改革Excelシステムお手元のパソコン(PC)にインストールされているエクセルで、即、カンタンに運営できます

line 日報をお宝に変える"日々ロク"デジタル化line

日報を月次で自動集計分析する自律目標管理エクセルソフト日報を嫌う社員は多い。意味のない徒労の日報を嫌うことは確かに理解できる。しかし、会社に勤める以上「何をやったか」の業務遂行履歴は記録した方がいい。日報は自分の職務を証拠として残すもので、職務種類、遂行時間、成果の3つを記録するだけでお宝に化ける

日々ロク概要

日々ロクのメリットは 1.お手元のPCに標準装備されているエクセルでデジタル化低コスト運用
 2.社員情報である日報をデータ化して見える化し月次で集計分析自動化
 3.ジョブ型職務定義書によりムダな仕事時間を排除するテレワーク対応
 4.社員の自律能力開発を促しながら生産性の向上を図る公平な自動人事考課

今では職場のデスクにパソコンは必需品で、その中にはエクセルが入っていますが、残念ながら有効に活用されていないのも事実です。新開発の目標管理システム「日々ロク」は、遂行した業務を記録するだけで、日報や月次目標管理表を自動作成し、分析・評価・示唆・指導します。


1.日報は社員の自発自律、基本責任職務日報「日々ロク」入力画面 記録は数値入力なので正確スピード処理が可能

日々ロクの入力画面

数値入力なので、1日平均5分の日報記録時間です。情報メモだけは文字入力です。特に顧客情報は後日の履歴分析に不可欠なので備忘録として記録して下さい。


2.アクションプランの目標管理は月次で総括P・F・ドラッカーさんが示したMBO-S、自主性目標管理が人材を育てる
(Management by objectives and self control)
日々ロク 目標管理アクションプラン

自主的にストレッチな目標を設定して向上心を燃やす。自ら存在価値を高める「やり甲斐」がスペシャリストを育てます。個人技と協調のチーム技が強固な組織を創り上げてくれます。


3.成果はグラフで分析見える化毎月の努力の積み重ねは成果として見える化される。自律社員の記録を客観俯瞰できます。
日々ロク分析グラフ

BSC(バランススコアカード)経営理論で自動評価。財務だけに偏らない、顧客、業務プロセス、人材と変革の四つの視点でバランスの取れた公平な評価がなされます。

・財務は結果のKGI経営重要指標(売上高、付加価値額は結果としての重要指標)
・BSC重要指標目標達成率がジョブ型雇用重要指標(達成ポイントが賞与ベースアップ基準)
・時間当り生産性は真の組織能力のKPI実力重要指標
 OECD加盟国中日本は20位に甘んじている。先進七ヶ国中最下位。追い着く戦略は不可欠
・テレワーク可能な労働時間は、主要課業、従属課業、挑戦課業の三分類で労働時間計算
・経営を六つの要素で評価(財務力、顧客創造力、営業力、企画力、組織協調力、未来成長力)


4. 職務データは宝の山大切な情報は全てデータシートに保存。成功要因となる重要指標を時系列で整理します
日々ロク データ
データの並べ替えフィルター機能で分析自由自在
・時系列/年月日、月、曜日、開始時間、終了時間、労働時間
・職務分類/主要課業、従属課業、挑戦課業
・職務内容/重要タスク10項目
・成果/売上高、付加価値額、新規顧客獲得率、評価ポイント
日々ロク日報
大切な情報メモは日報シート参照。顧客別にABC分析もできる
特に顧客情報や成約プロセスは備忘録として残すこと


5.働き方改革で生産性向上を図る「収益性向上」戦略マップ アフターコロナの回復成長戦略。手元資金と自己資本を混同しない!自己資本比率が50%以上あるから安全とはいえない。キャッシュ イズ キング、つまり現金が手元資金です。現金化できない在庫や仕掛の棚卸資産、未収金、価値のない固定資産が多ければ、自己資本比率は高くても黒字倒産はあり得ます。

日々ロク戦略マップ

3年後の手元資金を温存できる経営計画戦略マップは具体値を設定しません。戦略戦術で可能になる数値目標は経営計画に表します。戦略マップの右列に重要目標指標欄があります。コロナ禍で融資を受けた企業は返済を考慮したキャッシュフローを経営計画設定する必要があります。経営計画はバランススコアカードの四つの視点の重要目標指標で立て、アクションプランに反映させることで知行合一が成立します。


6.少数精鋭チームでフラット二階層の迅速報連相組織の構築最もシンプルな組織はマネジャー層とプレーヤー層の二階層です。多層ピラミッド組織は承認スタンプラリーで意思決定が遅れます。組織の活性化は意思決定の速さに比例します。生産性に貢献するプレーヤー層は5人チーム制でチームリーダーを育てながら少数精鋭化を図ります。
日々ロク少数精鋭チーム制

どんなに素晴らしい経営理念、戦略戦術、経営計画でも、作戦行動が伴わない組織では絵に描いた餅になります。プレーヤーチームのアクションプラン(自律目標管理文書)で作戦行動を分析管理し、チームの集合知で問題解決を図り、計画目標を達成する組織を作って下さい。

アフターコロナのV字回復を火事場の馬鹿力に頼らない新型コロナの襲来から1年が過ぎました。ほとんどの企業は対策に疲労困憊しています。今更、頑張ろうの精神論で回復は望めません。必要なことは組織の再構築とデジタル化で働きやすい環境を創ることです。ムダを削ぎ落とし、やる気の情熱を誘うシステム、仕組を考えて下さい。

日々ロク概要→→→ PDFダウンロード


世界一シンプルなエクセルシステム誕生line
自主性重視"日々ロク"目標管理システムline

目標管理(MBO)は、人を育て価値ある仕事人生を築くための効果的な仕組です。これを経営に取り入れて習慣化すれば、日々の業務記録を自動データ分析評価しながら修正活動を促すので、労働時間の最適化と生産性向上の二つの経営課題を解決し企業の持続成長を可能にします。

できる会社の「日々ロク」エクセルシステム仕様・Microsoft Office365 Excelにて製造(VBAマクロ組込)
・日々ロクエクセルファイルは基本8枚シート構成 サイズ約1MB
・開発者/長山伸作
・販売代理/株式会社一光社プロ
 名古屋市南区赤坪町99-1 Tel.052-824-0521
A.できる社長の日々ロク 価格11,000円(税込) 0.日々ロクシステム 概要説明(PDF)
1.できる社長の日々ロク
1.できる社長の日々ロクsample
付属資料 1.日々ロク概要 2.新常態人事制度改革 3.カイゼン提案制度
B.できる会社の日々ロク 価格33,000円(税込) 0.日々ロクシステム 概要説明(PDF)
1.できる社長の日々ロク
1.できる社長の日々ロクsample
2.できる営業の日々ロク
2.できる営業の日々ロクsample
3.できる専門技の日々ロク
3.できる専門技の日々ロクsample
4.リーダー集計用日々ロク
4.リーダー集計用日々ロクsample
付属資料 1.日々ロク概要 2.新常態人事制度改革 3.カイゼン提案制度 4.アイデア提案制度5.カイゼンアイデア提案管理 6.桶屋ストーリー

※複製転売、知財転用開発厳禁です
※職種用カスタマイズ料は11~33万円 要件定義により異なります
※システム開発をご希望の方はご連絡下さい 知的財産の指導譲渡などコンサル承ります

ご相談は、Tel.052-824-0521 (株)一光社プロ・長山まで遠慮なくお気軽にご相談ください。ZOOMオンライン研修も実施しています。
目標管理システム導入・管理者研修など出前出張研修(10万円~20万円)も実施しています
(株)一光社プロ/長山伸作 直通携帯 090-3562-1804

プライバシーポリシーに関しては個人情報保護方針により充分配慮しています
守秘義務に関しては日本国の法律を遵守し、知り得た秘密を漏らすことはありません
ご購入後は1カ月間、無料リモートコンサル致します。分からないことはご相談ください。

line
◆できる会社の「日々ロク」ソフトお申し込みメールフォーム

↓ご希望の商品をチェックしてください。※社内複製使用許可
A.できる社長の日々ロク 価格11,000円(税込)
B.できる会社の日々ロク 価格33,000円(税込)

●下の項目空欄に記入してください




例)123-4567 都道府県市町村 ビル、マンション
例)03-4567-8901

※個別指導や出前研修をご希望の場合は下欄にご記入ください




お申し込み確認後、メール連絡すると共に商品を添付して配信します。
到着後、1週間以内に代金をお振込みください。

通信販売法に基づく表記
●主催業者/(株)一光社プロ●運営統括責任者/長山伸作●所在地/名古屋市南区赤坪町99-1●Tel.052-824-0521●s-naga@ikkopro.co.jp●セミナー、商品代金以外の必要料金/振込手数料は購入者負担●販売数量/多量にご注文頂いた場合個別にご連絡●不良品/ 良品と交換もしくはご希望により代金返還●引き渡し時期/通常、注文確認後2営業日以内●お支払い方法/銀行振込●お支払い期限/商品到着後一週間以内●返品期限/商品到着後3日以内。



AI、IoT、クラウドシステムなど情報革命が騒がれていますが、もっと身近に、灯台もと暗しのパソコンを見直したい。標準装備されているマイクロソフト・エクセルは、使い勝手のいいデスクワークの有能な達人です。今では場所を選ばずモバイルにも対応しています。

日報が化ける、エクセルの実力

未だにアナログ的日報を毎日、上司に提出している企業は多い。目を通す上司も辛い。月並みな決まり文句のオンパレードで紙資料は山積みされ、結局はシュレッダーで環境悪の廃棄ゴミ。日報をデータ化して共有し、分析しながら問題解決の図られる業務改革が望まれる。

やる気のある組織とない組織では、経営効率は3割も5割も格差が出ます。社員のやる気を引き出す仕組づくりは、遂行する職務、時間、成果を具体的に見える化し、公平に評価しなければ理解や納得は得られません。モチベーションを高める、やり甲斐のある環境を整備したい。

新開発の「日々ロク」はMBO-SとBSC(バランススコアカード)を融合させて目標達成への道を開きました。個人別日報の自律分析目標管理チームの論理思考で月次問題解決期末の全社目標達成。成果を見える化し公平に評価することで、やり甲斐モチベーションが継続されます。



1日5分の遂行職務記録で価値ある分析資料を自動作成下の入力画面に職務内容、遂行時間、成果の数値をインプットすれば、日報、アクションプラン(月次目標管理表)、分析評価グラフが自動生成されます。重要な情報メモだけは文字入力です。備忘録としても役立つので、日報閲覧で後日スピーディに確認することもできます。

「ありたい姿」を設定して自律目標管理でゴールを目指す社員はみんな「一生懸命働いている」と言いますが「どれだけ働いているか」分からない人がほとんどです。営業なら売上高、製造なら生産高、事務なら書類処理数など、記録されていれば貢献度が見えます。目標設定してゴールの頑張りが正しく評価されれば、やる気は増します。

経営上の問題点は人材不足より能力不足にありそうです。満足する利益が確保できなければ、人材を補充する前に、現有社員の能力を高めたい。喫緊の課題は生産性の向上です。人材1人当りの生産性(粗利)です。時間当り生産性が計算できれば、人材の最適数がはじき出せます。

▼営業チームの日々ロク分析グラフ例(売上高-外注仕入=付加価値額)
売上高だけで評価せず、付加価値額(生産性)の財務貢献度を優先すべきです
日々ロク生産性評価

▼営業チームの重要指標達成率ポイント一例
バランススコアカードの4つの視点で公平に評価しています。財務数値だけに偏らない、親密度を高める訪問営業数、新規顧客の獲得数、能力開発やカイゼン活動協力などもカウントしてポイント評価します。人事制度に連携するので、社員のモチベーションが高まります。
日々ロク達成率評価


六つの経営力バランス分析

中小企業はトップの資質に左右されますが、六つの経営力を上手にこなすスーパーマンは希少な存在です。組織が10人以上になったら、分身として管理者を育て、それぞれの経営力に責任と権限を委譲しないと、身体が幾つあっても足りません。持続成長は分身の育成です。


IT生産性改革を成し遂げる


line 業績はそのままで労働時間を短縮するline
職務を三つに分類することで、ムダな時間が見える化し、何に集中すべきかが明瞭になります。時間を有効に使うために職務種と時間を測定し、ムダ・ムリ・ムラの3Mをあぶり出し、定型職務の標準化・自動化や、専門職務の高能力化などで労働時間の短縮を図ります。

職務記述書の職務3課業

日々ロクの職務3課業の定義
顧問先企業で調査したところ、営業部門のデスクワークが6割を占めていました。これは内勤の従属課業です。重要な主要課業、つまり外勤の訪問営業が4割ということです。営業の任務は顧客ニーズを読み取り、それに見合った製商品を提案して受注を勝ち取ることです。

製造部門でも4割の非生産時間が費やされていました。手作業による伝票書類作成処理と人的ミス、前準備・作業中の不具合調整・後片付の時間管理、標準化されていない職務分掌、長時間会議運営などムダが蔓延っています。作業手順書の標準化と自動化・省力化が急務です。


収益を上げる組織活動は労働時間の最適化にある(専門技能力×人数×労働時間)を部門別・職種別にバランスを取り最適化する

日々ロクで労働時間を定義する
上の数値は製造業の一例です
最低20人規模で責任専門職を配置できますが、多能職ワークシェアで最適化して下さい
小規模企業など部門効率が悪くなる組織は、正規、非正規の配分で最適化して下さい
バランスが悪いと人件費が嵩み、極端に収益性が落ちます


やる気スイッチをオンにして、夢未来に挑戦するある調査によると、やる気のない社員は70%もいるそうです。
ある調査によると、熱意ある社員は6%しかいないそうです。
世界で最悪ともいわれる、やる気のない日本の企業環境を正してください。

働き方改革、生産性向上改革が遅々と進まないのは、何故でしょう?
主体となって変革に挑戦するリーダーの出現を待っています。
「日々ロク」は変革のための賢いツールです。ご活用ください。


「日々ロク」の深掘りは経営セミナーでAIが叫ばれていますが、ほとんどはGAFAのプラットフォームにビッグデータが集まり、彼らのビジネスを巨大化、寡占化させるだけです。中小企業は自社の風土に合わせて展開できる小さな内部システムで充分戦えます。カンタンで安価なエクセルマクロで賢くなりましょう。

日々ロク経営セミナー
「日々ロク」の導入研修を実施しています。→→→ ZOOMオンライン研修ページへ