経営戦略と中期経営計画の作り方タイトル

21.戦略マップの作り方

分かりやすい解説・事例(サンプル)・作成用テンプレートの3点セット

●BSCの戦略マップとは

戦略を成功に導くためには、BSCの四つの視点がそれぞれに最適の条件で連鎖的に機能しなければ、うまくいかない。例えば、売上1千万円アップを戦略目標とすると以下のように簡単に四つのフレームに「骨太戦略マップ」を書き上げることができる。

財務の視点で戦略目標を立てたら、下から上に、人材⇒業務⇒顧客⇒財務が成り立つ成果要因を書き上げていく。具体化することが実現への道である。抽象表現は実行されないので数値化すること。

経営活動の原点は人である。人材が何をすれば⇒業務が効率よく回り⇒顧客に喜ばれ⇒結果として財務が潤う仕組みを具体化する。上の表から「具体化戦略マップ」を描いてみる。
視点 成功要因 重要実施項目 成果目標
財務 売上高アップに集中 月次決算で目標管理会議を徹底し指導する 年間売上高1千万円アップ。月額84万円
顧客 既存市場の顧客満足度を高める 顧客別昨対売上比較表管理と分析後営業指導 A分類顧客の平均シェア15%アップ
業務 ダブルジョブ化による業務プロセス活性化 生産性向上の月次管理と訪問提案営業の成約率月次管理 製造現場の多能工人材配置。訪問提案毎月一人20社実施
人材 人材のダブルジョブ化教育研修 生産管理で多能工化研修、企画で提案営業研修 第1金曜・多能工研修。第2金曜・提案営業研修

◆ランチェスターの法則

イギリスで戦闘機の開発に携わっていたランチェスターが、双方の戦闘機の数と戦闘の結果がもたらす被害について性能差などの要因も含め表した軍事作戦の法則である。それを経営戦略に応用した二つの法則が紹介されている。

弱者は決して強者の市場で戦わないこと。弱者は決して強者の戦略を用いないこと。瞬く間に資金が枯渇する。最も優れた弱者の戦略とは、戦わずして勝利することである。

●一騎打ちの法則
2者間の戦いにおいては、武器の性能が同じであれば、兵力が大きい方が勝つ。
(弱者の戦略)差別化
局地戦 敵のいないニッチ市場の発掘
一騎打ち 弱いライバルと戦う
接近戦 周辺地域のスキンシップ戦
一点集中 選択と集中でピンポイント攻撃
陽動作戦 神出鬼没、スピーディなゲリラ戦

●集中効果の法則
持っている武器の性能が同じである集団同士での戦いにおいては、被害は戦力の二乗比の差になる。
(強者の戦略)ミート作戦
広域戦 豊富な資金力で全国区展開
確率戦 下手な鉄砲も数撃てば当たる
遠隔戦 テレビCM、全国誌広告
総合戦 あらゆる経営資源を総動員する
誘導作戦 有利な拠点へ敵をおびき寄せる


解説ページ


A4タテサイズ テンプレート
事例を参照しながら書き込んでいくと、下のテンプレートにコピーされて完成します。


通信販売法に基づく表記
販売業者/株式会社サイコーポレーション●運営統括責任者/長山伸作●所在地/〒466-0044 名古屋市昭和区桜山町4-71-4●Tel.052-859-2812●s-naga@ikkopro.co.jp●商品代金以外の必要料金/振込手数料は購入者負担●販売数量/多量にご注文頂いた場合個別にご連絡●不良品/ 良品と交換もしくはご希望により代金返還●引き渡し時期/通常、注文確認後2営業日以内●お支払い方法/銀行振込●お支払い期限/商品到着後一週間以内●返品期限/商品到着後3日以内。

戦略マップの作り方

電子出版エクセル2003にて制作 価格1,050円(税込)
分かりやすい解説・事例(サンプル)・作成用テンプレートの3点セット。※メールに添付してお送りします。

経営戦略塾会員には無料配布





プライバシーポリシーについて

TOPへ⇒経営戦略を重視したい中期経営計画
Copyright 2010 Shin Nagayama All rights reserved