やさしいSWOT分析と経営戦略スキル

What's new
電子出版「経営の達人」総集編を100本限り特別販売します→→→ネット販売割引中



甘すぎる分析が成長を妨げる
顧問先で痛感することは、自社分析が甘いことです。永年のコンサルティング体験ではほぼ全社で言えることです。現状分析は健康診断と同じで、毎年、期末に実施したいものです。
主な経営の分析手法は下記の通りです。

1.ABC分析 顧客分析、製商品分析。売上、粗利、占有率データ集計でABC優性分類
2.PPM分析 製商品成長度分析。問題児→花形→金のなる木→負け犬のポジション確認
3.SWOT分析 外部環境と内部環境のクロス分析により戦略方針を決める
4.BSC分析 経営資源バランス分析。人材→業務→顧客→財務のボトルネック問題解決

現状分析から戦略は浮上する
経営環境の時代推移

戦後の日本は20世紀末のバブル崩壊まで、営々と高度成長を続けてきました。バブル崩壊ショックで目覚めた市場は、右肩上がりの消費より、ライフスタイルの価値を見極めるようになりました。モノづくりは大量生産から、人の多様性に合わせて少量多品種に変わってきました。

市場は充足感から成熟期を迎え、供給過多が価格破壊を起こし、強弱二極化が進んでいます。強い大企業と弱い中小企業の構図。これからの時代に勝つ企業は、マーケティング戦略に長けた企業です。このサイトでは経営に必須の経営戦略スキルをお伝えします。

◆やさしいSWOT分析◆
SWOTとは、Strength(強み), Weakness(弱み), Opportunity(機会), Threat(脅威) の頭文字を組み合わせた短縮語。経営戦略を検討するときは自社の内部環境と自社を取り巻く外部環境を正しく分析することが大切です。企業の強み、弱み、機会、脅威の総合的な評価をSWOT分析と言い、クロス分析で戦略戦術の結果を出すようにしてください。

内部環境 strength 強み 小さいことでも徹底的に掘り起こす
weakness 弱み 問題発見の原点だから遠慮せず出す
外部環境 opportunity 機会 顧客、競合情報収集は戦略の基本
threat 脅威 リスク管理の基本は危険を避ける

目標のない分析は、分解して収拾できない何のためにSWOT分析するか。目標もなくSWOTを実施すると、分析どころか分解して方向性を見失います。高い計画目標を達成するために、どんな戦略を立てるか。そのために、自社の実力を確認し、可能性の高い方策を練る。そのためのSWOT分析です。

SWOT分析は、以下の三つに分けて実施するとスピーディに結果が出ます
1.攻めの戦略立案
 S(強み)とO(機会)の優性クロス分析から経営戦略を論理的に導き出す
2.守りのカイゼン活動
 W(弱み)は社員の現場の気づき。カイゼン提案活動を促す効果が期待できる
3.撤退の決断
 W(弱み)とT(脅威)の劣性クロスに該当するものは捨てるが勝ちのリスクマネジメント

SWOT分析にはマーケティングスキルが必要です。内部環境の強み、弱みの比較対象は外部環境にあります。外部環境と分析要素は以下の図で理解してください。
BSC(バランススコアカード)のフレームワークは、ヒト・モノ・カネの分け方にキャクを加えて、ヒト(人材)、モノ(業務)、カネ(財務)、キャク(顧客)で考察します。

SWOTマップ
外部環境は、身近な商圏や業界で把握するミクロ環境と、日本や海外の動きを捉えるマクロ環境に大別できます。マクロ対策は中小企業レベルでは難解なので傾向を把握しましょう。
ミクロ外部環境
・3Cは、Customer(顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の三角関係
・五つの力(5forces)は、既存競合、新規参入、代替品の脅威、買い手の圧力、売り手の圧力
マクロ外部環境
・PESTは、Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)

これらをSWOTとBSCのフレームワークで整理すると、A4版一枚で俯瞰できるので、クロス分析による戦略案が浮上しやすくなります。以下が参考書式です。

BSC-SWOT分析表
→→→A四版PDF資料のダウンロード

上掲の二枚の資料を配布して、SWOT分析研修会を開いてください。外部環境の説明不足は精度を下げます。PESTに関しては上層で調べた結果を説明して下さい。順序は以下の通り。
1. 外部環境の機会と脅威を洗い出す。10分
2. 内部環境の強みと弱みを洗い出す。 10分
3. クロス分析の四つの戦略を説明してから戦略と成功要因を考える。20分

最初の説明、質問、20分。書込み書式の記入時間は40分。合計1時間で終了し、回収します。
それを経営戦略室で精査してください。始めはうまくいかないものです。再度、研修会を開いて、いい例、悪い例を引用し、指導してください。意識改革への道程です。

W(弱み)は、決してS(強み)にならない有能なリーダーは部下の「いいとこ探し」が上手です。「いいとこ」を伸ばして育てる。無能な上司は部下の悪いところばかり気になり、一々小言が出ます。この差は大きい。人は誰でも長所と短所を合わせ持っています。個性である短所を長所に変えられますか?

SWOT分析においても、やたらとW(弱み)のオンパレードになることがあります。この解決策に時間を使うと、会社は潰れます。弱みは短所、短所を一気に長所にできたら、世の中、常に平和です。弱みから→普通へ、普通から→強みへ。この3ステップはかなりハードルが高い。

弱みは一つずつ、カイゼンテーマとして提案制度を運用してください。トップが解決策を提示するのではなく、社員の気づきを促します。彼らの自発自立の心が芽生えないと、会社は変わりません。企業は現場力。SWOTのWは現場力で解決させることが上策です。

コモディティ化が進み、ドングリの背比べS(強み)がないと悩む経営者が多い。技術革新が進み成熟化すると、差別化が困難になり、ドングリの背比べでコモディティ化する。ライバルと比較すると、確かに強みとは感じられない。しかし、顧客視点で満足のレベルにあるとすれば、それは強みといえます。

S(強み)も考え方ひとつです。コモディティ化していても、詳細の性能や仕様を洗い出して特徴を深耕して下さい。足して引いて掛けて割る四則演算を繰り返すことで強みになるものは多いものです。特徴をクローズアップするだけで強く見えるものもあります。

四つのクロス分析で導く戦略1.SОクロス→強みと機会の一致は、排他的な攻めの戦略
2.STクロス→強みと驚異の一致は、敵対競合との差別化戦略
3.WОクロス→弱みと機会の一致は、焦らずじっくりカイゼン戦略
4.WTクロス→弱みと驚異の一致は、即決断する撤退戦略
中小企業は弱者である。WTクロスは危険領域であり、近づかないこと。

効果的で、やさしいSWOT分析については、長山塾で指導しています。
速攻SWOT分析指導書も用意しています。お気軽にご相談ください。
長山塾



経営戦略フレームワーク
フレームワークとは、思考法の枠組みです。経営戦略や問題解決に用いる分析ツールで、要素別にフレームで区分整理し、相互の因果関係から解答を導きます。S、W、О、Tもフレームであり、フレーム間のクロス分析で方針や戦略を導き出しています。

基本的なフレームワーク分析◆顧客や製商品の優劣を分析し、選択と集中を図る(パレートの法則)→→→ABC分析
◆製商品、事業の成長度分析(問題児→花形→金のなる木→負け犬)→→→PPM分析
◆経営資源バランス分析(人材→業務→顧客→財務)→→→BSC戦略経営の発想法

戦略的なフレームワーク分析◆アンゾフの戦略理論(現在・未来・製品・市場)→→→PMマトリクス
◆ フィリップ・コトラーのニッチャー戦略→→→ニッチャー競争地位戦略
◆マイケルポーターの競争戦略→→→ 5つの力とクラスター戦略
◆ランチェスターの強者・弱者、すみ分けの法則→→→強者の戦略・弱者の戦略
◆ マーケティングのフレームワーク→→→ST4Pフレームワーク


   ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
     現代経営戦略・経営計画の策定から行動管理の進め方を網羅した電子書籍
◆本屋にない経営の極意書 ◆
2015/7/1更新版。新時代の経営戦略ノウハウ書を販売します。マイクロソフトのテキスト、エクセル、パワーポイント、PDFなど汎用ソフトに対応しているCD-ROM版です。自社の経営に活かす価値ある座右の書であると共に社員研修にも役立てられる指導書です。

長年の経営コンサルティング経験から、成果を凝縮して著わしたオリジナル指導書です。
エクセルA4標準の策定書式やサンプルも豊富に、研修用パワーポイントも充実しました。

●分かりやすい「シンプル・イズ・ベスト」の経営戦略入門実践書中期経営計画、戦略マップ、アクションプランのA四版三枚の策定で変革に挑む
1. 経営の極意「三枚の指針書」作成指導書
●マーケティングをトコトン簡単に解剖した導入の書売ることに集中し、顧客の創造に向けて攻めの姿勢を効果的に貫く入門書
2. 「なぜ売れないか」実戦マーケティング
●経営を進化する戦略ノウハウを凝縮した秀逸の全集新時代に不可欠の戦略経営ノウハウを、コンサル体験から表した経営管理者座右の書
3. 経営の達人(2.の実践マーケティング含)総集編

電子書籍→→→詳細ページへ

本屋にない経営の極意書に沿った研修を開催しています→→→長山塾